pm25 対策 N95マスク 中国 大気汚染

中国の大気汚染で問題になっている「PM2.5」とは

現在、中国の大気汚染で問題になっている「PM2.5」は
直径2.5マイクロメートル以下の微小粒子状物質で、
人体に有害な物質といわれています。

 

PM2.5の影響を受けることで、
主にぜんそくや気管支炎を引き起こすといわれています。
また、そのほか発ガン性や気管支ぜんそく、
花粉症などの健康影響との関連が懸念されています。

 

上記内容を見るだけでも不安になりそうなPM2.5。
しかし、中国から流れてくるPM2.5の大気測定値が米国水準の
70倍以上もの数値になるそうです。

 

そういった原因から、最近ではマスクを購入されている方が増えてきています。

市販のマスクで「PM2.5」は防げない?

ところがこのPM2.5は一般的に販売されているマスクでは効果がないといわれています。
薬局やコンビニで市販されている「花粉症対策マスク」や
「風邪マスク(サージカルマスク)」などはフィルターの目が粗いため、
直径2.5マイクロメートル以下の微小粒子状物質であるPM2.5がすり抜けてしまい、
マスクとしての効果が得られないのです。

 

単純に市販のマスクではこのpm25を防ぐことは非常に難しいといわれています。

「PM2.5」を防ぐマスク「N95」

そこでPM2.5を防ぐためにご紹介するのが「N95」規格のマスクです。
N95マスクは米国労働安全衛生研究所(NIOSH)が認定した規格で、
直径 0.3 μmの粒子を、95%以上の捕集効率を持つマスクのことを表します。

 

2月頭には九州などで、大気汚染物質の観測値が一時的に上昇していることが
分かり、環境省は深刻な大気汚染が続いている中国から流れてきている
可能性が高いとみて調査を続けるという報道もされています。

 

今後、中国の大気汚染の影響はどんどん悪化していくといわれています。
ぜひ、早め早めに対策を行っていきましょう。

N95のマスクなら3M製がおすすめです

マスクといえば3Mといわれるくらい3Mは有名なメーカーです。
3Mからは様々なN95マスクが販売されています。

 

それぞれのN95マスクに特徴がありますので簡単に紹介します。

 

防護マスク 9210 N95 防護マスク 8210

3面立体構造の折りたたみ式。ノーズクリップで漏れ込みを軽減します。個包装で衛生的。保管時には平面となり携帯に便利です。

商品紹介はこちら

3つの面で立体を構成する3面構造マスク。高い捕集効率で、3つの面が顔の微妙な動作に応じて動き、快適な装着感を実現。一つ一つを個装し、平面状に保管ができ、在庫スペースもセーブできます。

商品紹介はこちら