訪問マッサージで開業するのは簡単?訪問マッサージで開業する時の基本情報を紹介

こちらのサイトは、これから訪問マッサージで起業をしたいと考えている人に開業の段階で知っておくべき基本情報をご紹介しています。
このようなビジネスは起業するのが簡単なのだろうかなど疑問に感じている人も、こちらのコンテンツを使うことで問題を解決に導きます。
なお、個人で起業するときの注意点や対応エリアの選択が成功のカギを握ることなど幅広く解説しているので、現在検討中の人など参考にされることをおすすめします。

訪問マッサージで開業するのは簡単?訪問マッサージで開業する時の基本情報を紹介

訪問マッサージで開業するということは、マッサージ師として独立する事であり、これにより収入を増やす効果を期待することができます。
マッサージ師の資格を持っているから、結構簡単に始めることができるのではないかなど考える人も多いのではないでしょうか。
こちらのコンテンツは、訪問マッサージで開業を検討している人が最低限知っておくべき基本情報を分かりやすくご紹介しているので、注意点などを含め把握しておくと良いのではないでしょうか。

訪問マッサージの開業は顧客との接点作りが重要

訪問マッサージは一般的な治療院とは異なり、飛び込みのお客さんが入らない業態です。
そのため、顧客を獲得するためには市場とできるだけ多くの接点を作り、予約を獲得していかなければなりません。
接点を作る上で最も効果的なのは人づてに評判が広がる『口コミ』なので、開業前から親しい人に施術を体験してもらい、宣伝してもらうのもひとつの方法です。
もちろん、自宅から近く施術に向かいやすい地域を中心とした広告のポスティングも有効な手段で『配達地域指定郵便物』を利用すると一般郵便物と同時に広告を出すことができます。
また、SNSを使って宣伝することも重要であり、実際に訪問マッサージの施術を受けた顧客による口コミが広がることに期待ができますし、施術内容に関して詳細な情報を発信することで安心して予約してもらえる環境を構築することも可能です。
訪問マッサージは地道な評判を積み重ねることが求められるので、開業するなら早期から活動を始めましょう。

訪問マッサージの開業は一人だけで可能?

訪問マッサージは必要な資格や知識があれば一人で独立開業することのできる業種ですが、そのためには各種届出や事務処理もマスターしておくことが必要です。
訪問マッサージの業務自体はお客様の依頼に合わせて施術を行うことで成立しますが、事業主となった場合は源泉徴収が行われないので、自分で納税する必要があります。
しかし、全ての作業を自身で行う必要があるかといえばそうではありません。
事務所を構えるにあたって不動産を不動産会社を通して探すように、税金の計算は会計事務所に相談したり、会計ソフトを使うことで簡単に行うことができます。
とはいえ、お客様との時間を大切にしたいなど事務作業に使う時間を削りたい場合には、別のスタッフを雇用することもできますし、家族に手伝ってもらうことも可能です。
訪問マッサージで開業した場合は個人事業主となりますが、個人事業主であってもスタッフの人件費を計上したり、専従者を設定することができます。

訪問マッサージで開業する場合の営業活動はどうなる?

訪問マッサージを開業する場合には、サービスを多くの人に知ってもらうため営業活動を行わなければなりません。
訪問マッサージは寝たきりなどの患者に対して在宅でマッサージを行うサービスのことを指しており、医療保険が適用になるので患者の負担が少ないことがメリットとして挙げられます。
まずは訪問マッサージを開業したことをアピールするためにSNSを活用して宣伝したり、地元のケアマネージャー業界に連絡したりするのがおすすめです。
優良なサービスを提供したとしても知ってもらえないと集客にはつながらないので、魅力的なホームページを作成して積極的にSNSを活用しながら営業活動を行っていくのが良いかもしれません。
訪問マッサージはケアマネージャーからの紹介で仕事が決定することも多いので、地元の業者と良好な関係を築いておくことも大切です。
よりよい案件を紹介してもらえる確率が高くなるかもしれません。
リピーターの獲得にもつながるよう、丁寧な施術を行うことも必要です。

訪問マッサージのフランチャイズ募集を利用して開業するメリットとは?

訪問マッサージのフランチャイズ募集を利用して開業するメリットは、訪問マッサージを運営するノウハウがなくても開業できることです。
本部にはこれまでに新規スタートする人のサポートをしてきた経験があるため、スムーズに段取りが行えるよう手伝ってくれます。
また、訪問マッサージを行う上で最も大変なのは、集客です。
個人が効率的に広告を打とうとすると、莫大なお金がかかってしまいます。
フランチャイズであれば、本部が効果的な広告を出してくれるため、知名度や認知度も高くなり集客が望めます。
そして、マッサージ技術は日々進歩しているため、常に新しい技術を身につけるのが人気店を経営する秘訣ですが、本部による研修を受けられるのもメリットです。
マッサージのトレンドも学ぶことができます。
そのほか、加盟店同士で情報を交換し合うなどして、運営や技術に関する知識を深めることも可能です。
個人で経営するよりも、メリットが多いと言えるでしょう。

訪問マッサージに関する情報サイト
訪問マッサージで起業したい方へ

こちらのサイトは、これから訪問マッサージで起業をしたいと考えている人に開業の段階で知っておくべき基本情報をご紹介しています。このようなビジネスは起業するのが簡単なのだろうかなど疑問に感じている人も、こちらのコンテンツを使うことで問題を解決に導きます。なお、個人で起業するときの注意点や対応エリアの選択が成功のカギを握ることなど幅広く解説しているので、現在検討中の人など参考にされることをおすすめします。

Search